調査・研究

米国ハドソン・インスティテュート、グローバル・プロスパリティ・センターの調査協力(2012-2015)

米国ハドソンインスティテュート、グローバル・プロスパリティ・センターの調査手法に基づき、PDAを助成財団、NGO、民間企業、ボランティア時間、大学、宗教団体の6分野に分け、そのうち既存の入手可能なデータの存在する助成財団、NGO、ボランティア時間について集計及び推計をおこないました。それぞれ日本の分野の調査が以下のレポートに掲載されています。

2013 Index of Global Philanthropy and Remittances With a Special Report on Emerging Economies」                                                                    詳しくはこちら

2012 The Index of Global Philanthropy and Remittances」                                   詳しくはこちら

市民社会組織を取り巻く環境についての分析・調査の中で、日本の調査を担いました。

The Index of Philanthropic Freedom 2015」                   詳しくはこちら

The Index of Philanthropic Freedom : A Pilot Study」                                              詳しくはこちら

国連UNICEF委託事業、途上国における企業の社会的責任(CSR)とBOPビジネスに関する調査事業受託(2009-2010年度)

チャリティ・プラットフォーム委託事業、主要企業50社のCSR報告書、社会・環境報告書、ウェブサイトを中心に、企業とNPOの連携実績、CSR方針等を調査

CIVICUSの市民社会指標調査に協力(2009年度)

外務省委託プロジェクト(NGO間接費) (2004年度)

平成16年度、外務省委託事業として、CSOネットワークは、『主要援助国・機関のNGO間接費支援に関する調査』事業を受託しました。 米国、英国、カナダ、国連開発計画(UNDP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の5機関におけるNGO支援策のなかで、直接事業費でないいわゆ る間接費(indirect cost)の部分をどのように支援しているかを調査しました。

国際協力銀行委託事業「スリランカ国:現地シビルソサエティーの組織化のための委託調査」事業受託(2003-2004年度)

財務省委託の国際NGOの比較調査に参加し、米国と英国のNGOを調査(2003)

2003年度、経済産業研究所研究員の目加田説子氏(当時)を座長とする財務省委託調査「NGOセクターに関する6カ国比較調査~MDBsとの連携に向けて」に参加。今田が米国の章(第2章)、黒田が英国の章(第4章)を担当、執筆した。
調査は、日本における国際協力NGOのキャパシティ・ビルディングのための先行事例として米国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツを取り上げ、それぞの 国における非営利セクターおよび国際協力NGOを取り巻く制度的・社会的環境を概観し、NGOの地位や規模、特徴と政府によるNGO支援策について概説し たものである。

国際協力銀行委嘱調査「スリランカとベトナムの社会開発セクターにおける市民社会調査」事業受託(2003年度)

日本の国際協力NGOに関する論文を海外の学会等で発表 (2004年NCVO【英国】)

英国のボランタリー・セクターの中間団体であるNCVO(National Council of Voluntary Organizations)の 2004年調査研究集会(イギリス シェフィールド)において、黒田と今田は、“The Role of Multinational NGOs within Shifting Development Paradigms — Case from Japan” を発表。 オックスファム、ワールド・ビジョン、セーブ・ザ・チルドレン、ケアなどのいわゆる多国籍NGOの日本での活動が、どの程度国際的潮流を反映し、自国での アドボカシー、政策ワーク、一般の関心喚起等に力を入れているかを概説した。

日本の国際協力NGOに関する論文を海外の学会等で発表 (2003/ARNOVA【米国】)

米国のNPO学会であるAssociation for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action(ARNOVA)の 2003年年次大会(コロラド州デンバー)において、黒田と今田は、共同論文、Evolution of ‘Legitimacy’ Discussion of International Development NGOs and its Absence in Japan を発表。 国際的に話題になっている国際NGOの正統性(レジティマシー)の問題について、問題の所在を整理し、これが日本においてどう扱われているかを概説した。

日本の国際協力NGOに関する論文を海外の学会等で発表 (2002/ARNOVA【米国】)

ARNOVA の 2002年年次大会(カナダ モントリオール)において、黒田と今田は、共同論文、Shifting Paradigms for International NGOs and Constituency Building — Evolving Scene from Japan を発表。 国際NGOを取り巻く環境がいかに変化しつつあるかを概説し、そのなかで、日本のNGOの状況を、特に支援者獲得のあり様を中心に分析した。

ページ上部へ戻る