CSOネットワークとは

ミッション(2017年7月改定)

公正で持続可能な社会に向けた価値ある取り組みを⾒出し、マルチステークホルダーの参画による社会課題解決を促す。

旧ミッション
持続的な社会づくりの担い手をセクターや国境を越えてつなぎ、人々の参画を促す

  • ミッションの改定のポイントの一つは、「A Just and Sustainable Society」、つまり、公正かつ持続可能な社会づくりに向けて、「価値ある取り組みを見出す」という点にある。これまでCSOネットワークが取り組んできた、アンテナを高く張り、様々な事象やテーマから「目利き」して取り組みを特定するという性格を明確にした。
  • さらに二点目として、これまでの「担い手をつなぐ」から一歩進めて、「マルチステークホルダー参画による社会課題解決」というコレクティブ・アクションとコレクティブ・インパクトを目指すという強い意志を意味している。ミッションには「市民社会」ということばは使われていないが、「公正」かつ「持続可能」な社会をめざすという価値に立脚し、それにより多様なセクターを巻き込むことができる市民社会の強みをも表している。

わたしたち(CSOネットワーク)の問題意識

21世紀になってますます顕在化している紛争、テロリズム、富の偏在などのグローバルな諸課題の根は、貧困層を含む人々のほとんどが、自己決定権を もつこ とのできない社会に生きているためとわたしたちは考えています。ひとりひとりの尊厳が保障される社会を築くために、わたしたちが注目したのは、シビル・ソ サエティ、および市民社会組織(Civil Society Organization, CSO)です。わたしたちは、シビル・ソサエティとCSOを次のようにとらえています。

活動内容

CSOネットワークは、国内のCSOとのネットワーク連携や、多様なステークホルダー間の連携を通して、調査・研究、情報 発信、セミナー・イベント開催、提言活動等をおこなっています。

【調査・研究 現地交流】【国内外のCSOとのネットワーク、 多様なセクターの連携】【発信、出版、提言】などの持続可能な社会づくりの担い手を セクターや国境を越えてつなぎ、人々の参加を促すことを目的とした活動を行っています。

ページ上部へ戻る