出版物・ブックレット

ワークブック『「地域の力」診断ツール~地域資源を活かしたコミュニティの内発的な発展に向けて~』

ワークブック『「地域の力」診断ツール~地域資源を活かしたコミュニティの内発的な発展に向けて~』表紙画像

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク、2016年4月1日

地域の中には、地域資源の活用や、第一次産業の経済的自立、都市住民との交流等を積極的に図り、外部資源や資金に依存しない「内発的発展」を遂げている地域が数多くあります。「地域の力フォーラム」は、こうした各地の取り組みを2013年から2年かけて訪ね、そのポイントを学んできました。そうした地域には、人と人、人と自然の間に豊かな関係が息づいており、住民主体の取り組みが活発に行われています。それらに共通する要素を「地域の力」と呼び、その「地域の力」こそが、地域に住む人々の幸福度を高め、他の地域の人々を惹きつけ、持続可能性へとつながっていくものと私たちは考えました。

近年、地域の暮らしを評価する試みとして様々な幸福度指標の作成が、東京都荒川区を皮切りに取り組まれています。「地域の力」診断ツールではこの流れも踏まえ、地域住民が主体となる「地域の力」を指標化してわかりやすく提示することを試みています。内発的な地域づくりを目指す方々に、この指標を「ものさし」として利用し、新たな気づきや取り組みの検討につなげていただければ幸いです。本ワークブックでは、診断ツールとともに、地域に出向いて実際に診断ツールを使用していただいたワークショップの様子や結果も掲載しています。

(ワークブック「「地域の力」診断ツールとは」より抜粋)

PDF ワークブックの全文ダウンロードはこちらから。(PDF 5.2MB)

ブックレット『持続可能な地域を訪ねて ~幸せな地域づくりの理論化に向けて~』

ブックレット『持続可能な地域を訪ねて ~幸せな地域づくりの理論化に向けて~』表紙画像

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク、2015年5月1日

CSOネットワークが主管を務める「地域の力フォーラム」は、今年度、島根県の邑南町と旧柿木村(現在の吉賀町)、山形県の置賜地区を訪れた。詳しくは、本文を見ていただきたいが、邑南町では、地産地消の食材を使った「A級グルメのまちづくり」や「日本一の子育て村」を目指し、旧柿木村では有機農業によるまちづくりを実現してきた。どちらも外部からの移住者を積極的に受け入れている。また山形県置賜地区では、この地域にある3市5町をひとつの「自給圏」ととらえ、豊富な地域資源を基礎に産業や雇用を生み出し地域経済の好循環を目指す壮大な取り組みをはじめている。
このように地域の底力は果てしない。また農山村は、地域資源、美しい里山の原風景など宝の山である。いま、国では地域創成を進めている。地域資源を活用した新しい事業・産業を生み出すビジネスチャンスという見方もされているが、外部の力は、あくまでも地域主体に育んできた「地域の力」を損ねるようなものであってはならない。よい事例を積み重ねながら、それぞれの地域にあったやり方を大事にしていってほしいと思う。

(本冊子「はじめに」より抜粋)

PDF ブックレットの全文ダウンロードはこちらから。(PDF 1.8MB)

ブックレット『グローバル企業は途上国の社会課題にどう取り組んでいるか?』

ブックレット『グローバル企業は途上国の社会課題にどう取り組んでいるか?』表紙画像

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク、2014年12月24日

CSOネットワークでは、2013年から2014年にかけて途上国における企業の社会貢献活動および事業を通じた社会課題解決の取り組みについてインタビュー調査をおこない、それらの活動の質的な部分に迫ることを試みました。2014年10月には、調査の報告を広く共有すべく、インタビュー企業の中から4社の方々にご登壇いただき、途上国における企業の社会課題への取り組みを学ぶためのセミナーを開催しました。

本冊子は、インタビュー調査の概要とセミナーの報告をまとめた報告書です。

PDF ブックレットの全文ダウンロードはこちらから。(PDF 2.5MB)

ブックレット『地域の内発的復興・発展 ~農山村と都市の新しい結びつきを考える』

ブックレット『地域の内発的復興・発展 ~農山村と都市の新しい結びつきを考える』表紙画像

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク、2014年4月1日

CSOネットワークでは、昨年に引き続き、東日本大震災・原発事故に端を発した「思考の行きつく先」を冊子という形で世に出すこととなった。昨年は、福島原発事故と、約50年前に熊本県水俣市と新潟県阿賀野川流域で発生した水俣病との共通点について考えてみた。第二弾となった今回は、あらためて東北の農に注目し、そこに過去、現在、未来を結ぶ一本の線を紡ぐことを試みている。

本冊子は、CSOネットワークが主管をつとめる地域の力フォーラムにおける議論を源としている。地域の力フォーラムは、日本国内各地で取り組まれている地域主体の地域づくりに着目し、これに東日本大震災や原発事故からの復興という焦点を当てることによって、私たちの生活のあり方を世に問おうとしている。地場産業をもとにした持続可能な経済、農村と都市の住民の生産者対消費者という軸を越えた交流、企業との連携や多様なセクターが参加する地域のしくみづくりなども視野に入れて、調査研究をすすめている。参加メンバーの多くが本冊子にも執筆者として参加している。

(本冊子「はじめに」より抜粋)

PDF ブックレットの全文ダウンロードはこちらから。(PDF 4.58MB)

冊子は一部¥500+送料で販売もしております。ご希望の方は一般財団法人CSOネットワークへ
メールoffice@csonj.org、電話03-3202-8188またはFAX03-6233-9560でお申し込み下さい。

ブックレット 『持続可能な社会をつくる共生の時代へ 農の力と市民の力による地域づくり』

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク、2013年4月1日

ブックレット『持続可能な社会をつくる共生の時代へ 農の力と市民の力による地域づくり』表紙画像

東日本大震災・原発事故は、私たちにこれまでの経済成長や暮らしの在り方を根本から問いただす契機となった。福島原発事故と、約50年前に熊本県水俣市、そして新潟県阿賀野川流域で発生した水俣病の共通点を考えたいという思いが、本冊子の出発点のひとつとなった。

今こそ農林漁業の果たす価値を見直し、地域資源を生かした各地の地域づくりの実践に光をあてることが大切ではないだろうか。地域の力と市民・企業・研究者の間に育まれつつある関係性に、新しい時代の希望を感じる。(本冊子「はじめに」より抜粋)

地域再生の取り組みにみられる「農」と「市民」の力をテーマとして、福島、水俣、新潟に様々な立場から関わる方々が執筆された中身の濃い小冊子です。

PDF ブックレットの全文ダウンロードはこちらから。(PDF 8.25MB)

冊子は一部¥500+送料で販売もしております。ご希望の方は一般財団法人CSOネットワークへ
メールinfo@csonj.org、電話03-3202-8188またはFAX03-6233-9560でお申し込み下さい。

『これからのSR―社会的責任から社会的信頼へ― 策定に関わったNPOが読み解くISO26000』

編)社会的責任向上のためのNPO/NGO ネットワーク(2011年発行)

book_yomitokuISO26000

2010年11月、国際標準化機構(ISO)により社会的責任に関する国際規格「ISO26000」が発行されました。 「ISO26000」は持続可能な発展へ貢献するため、あらゆる組織がSR(社会的責任)を果たすべく作られた文書です。 中核主題として取り上げられている、人権や環境、コミュニティ参画や発展は、既にNPO/NGO が取り組んでいる活動でもあります。 自組織の社会的信頼を得るために、さらには政府や企業などの他セクターと協働する際にもISO26000 を活用していくことができます。 これからのNPO/NGO を担う人に。必読の一冊です。 CSOネットワークの黒田も執筆陣に参加しています。

PDF 本の紹介はこちら

Soft Power Superpowers: Cultural and National Assets of Japan and the United States

Watanabe Yasushi and David L. McConnell, 編著(M.E.Sharpe出版 2008年発行)

soft_power_superpowers

前ハーバード大学ケネディスクールの学長であるジョセフ・ナイ教授は1980年代中頃、「ソフトパワー」という用語を創案しました。 これは、文化や価値観などにより他者を魅了することによって得る能力のことであり、軍事力・経済力を補完する第3のパワーと位置づけられています。 このテーマで、米国社会科学研究評議会(SSRC)が立ち上げたプロジェクトにCSOネットワークとして参加。 パート4:シビルソサエティの中のSoft Power of NGOs: Growing Influence Beyond National Boundariesの章を黒田、今田が執筆しました。

 

「社会的責任の時代:企業・市民社会・国連のシナジー」

功刀達朗・野村彰男 編著(東信堂 2008年発行)

syakaiteki_sekinin

グローバル時代の広がる「格差」に抗する協働=シナジーとは。 持続的平和と開発のために、政府のみならず、市民社会組織、企業、マスメディア、自治体、グローバル・ガバナンス等の新アクターによる社会的責任の分担と 協働的パートナーシップが不可欠だと説く本書に、黒田が「労働・人権分野のNGOイニシアチブ」の章を執筆しました。

 

国際NGOが世界を変える――地球市民社会の黎明

功刀達朗 ・毛利勝彦 編著(東信堂 2006年発行)

kokusai_ngo

現代世界の主要アクター中最も新しく、かつ国家等他のアクターを超える弾力性をもって、平和・人権・貧困・環境等、今日の最先端課題と取り組む存在として のNGO。 これに焦点をあてた本書に、今田が貧困をなくすグローバルなキャンペーンについて紹介する章を執筆しました。

 

フューチャー・ポジティブ~開発援助の大転換

マイケル・エドワーズ 著
CSOネットワーク・杉原ひろみ 企画・監修
(日本評論社 2006年発行)

future_positive

グローバリゼーション、環境破壊、貧富の差などを前に、政府開発援助(ODA)のあり方、国際機関の役割、非政府組織(NGO)の存在など、開発の枠組み を根本から問い直す作業が進行しています。 本書は、21世紀の国際協力の課題と可能性を追求し、市民の関与の新しいあり方を提示する好著です。

 

「連続講義」国際協力NGO~市民社会に支えられるNGOへの構想

今田克司・原田勝広 編著(日本評論社 2004年発行)

kokusai_kyoryoku_ngo

日本でも地球規模のさまざまな問題に取り組むアクターとしてのNGOへの関心が急速に高まるなか、本書では、13人の執筆者が各1章づつ、国際協力NGO 活動の地域開発、緊急人道支援、平和構築、アドボカシーなどの取り組みや、日本のNGOの歴史、国際的な潮流、組織強化、国連やメディアや企業との関係に ついて執筆。 今田が共編者となり、全体を概観する第1章「NGOの今日的課題とはなにか」を書き、黒田が第3章「国際開発NGPOの役割」を書いている。

ページ上部へ戻る