調査報告書「持続可能性に配慮する 地域密着中小企業調査報告」

編集・発行:一般財団法人CSOネットワーク(2020年3月31日)

 中小企業は、地域の経済・社会・環境の持続可能性に大きな役割を果たしうる存在です。しかし、その経営環境の厳しさゆえ、持続可能性向上への主体的な取り組みは課題とされてきました。一方で、SDGs時代における地域の中小企業のあり方として、社会的責任の取り組みの拡大や、地域課題への取り組みによる地域社会の持続可能性向上への貢献が期待されるようになってきています。

 CSOネットワークでは、2019年度より、この中小企業の持続可能性における現状と期待感のギャップについて、現場の声を聞き、中小企業が置かれている状況や取り組みを、地域・社会との関係性の中で理解し、隔たりを埋めていくために必要なこと、できることを考える事業に着手しました。中小企業の場合、CSRや地域貢献活動がステークホルダーとの関係性の中から生まれることが多いと考えられるため、地域のエコシステムを意識した調査・分析を行っています。今後は、調査・分析結果を活用し、持続可能性を高める中小企業をサポートするツールの開発にも取り組んでいきます。

 本報告書では、地域に密着した事業の中で持続可能性への配慮を行う中小企業を対象に、20197月に佐賀県、201910月に東京多摩地域で実施したヒアリング調査より、各企業の取り組みの紹介とともに、ヒアリングを通じて見えてきた中小企業の持続可能性向上に繋がる取り組みのポイントや求められるサポート、そして各取り組みとSDGsとの繋がりについて報告します。


目次
  • はじめに

<佐賀県>

  • 事例1:徳永陶磁器株式会社(佐賀県松浦郡有田町) 「グローカルなモノづくりで人と人を結び、未来を築く」
  • 事例2:有限会社伊万里グリーンファーム(佐賀県伊万里市) 「地域とともに継続できる農業経営を目指す」
  • 事例3:株式会社大島組(佐賀県鳥栖市) 「若い人を育て、地域における地元建設業の役割を果たす」
  • 事例4:有限会社谷田建設(佐賀県佐賀市) 「地域に密着した企業として、世のため人のため価値ある未来を拓く」
  • 事例5:株式会社KMTec(佐賀県佐賀市) 「子の世のために出来ることを考え、挑戦し続ける」
  • 事例6:株式会社大島産業(佐賀県神崎郡吉野ヶ里町) 「背振の森と人とともに未来へ」
  • 事例7:鳥飼建設株式会社(佐賀県三養基郡基山町) 「「循環型の“まち”をつくり、地域を活性化する」を使命に」

<東京都 多摩地域>

  • 事例8:株式会社ケイアイ(東京都八王子市) 「かかわりあう全ての人たちを楽しく幸せにしたい」
  • 事例9:株式会社エマリコくにたち(東京都国立市) 「まちなか農業を次世代につなぎ、楽しい食卓をサポートしたい」
  • 事例10:前田金属工業株式会社(東京都立川市) 「安全、環境への配慮、地域・従業員との信頼関係を最優先に」

 

報告PDF

以下リンクより報告書PDFをダウンロードしていただけます。A4版、見開き版ともに内容は同じです。

調査報告書「持続可能性に配慮する 地域密着中小企業調査報告」

A4版(6MB)

見開き版(6MB)

CSOネットワークの「地域に密着した中小企業の持続可能性向上支援」事業
こちらのページに本事業内容を掲載しています。

 


 

 

本事業は、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施しています。

ページ上部へ戻る