黒田事務局長 特別寄稿「ソーシャルセクターの立場から見た企業とのエンゲージメント 」(東京財団政策研究所)

05.25


事務局長の黒田が執筆した「ソーシャルセクターの立場から見た企業とのエンゲージメント」が東京財団政策研究所のウェブサイトに掲載されました。詳細は下記よりご参照ください。

特別寄稿「ソーシャルセクターの立場から見た企業とのエンゲージメント」 

黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事

企業とソーシャルセクターは、一方通行の関係から対話等の働きかけを通じて双方向の関係へとここ20~30年で変化してきた。これらの変化を踏まえたうえで、ソーシャルセクターから企業への働きかけの具体例を詳解し、さらに両者の協働の取り組みを分析。ここから、ソーシャルセクターが今後持続可能な社会の構築に向けて最大限の貢献をするため課題は何か考察する。

▼ 本文はこちら
https://s.tkfd.or.jp/2KOtpZJ

(この寄稿文は2017年東京財団発行の『CSR白書2017-ソーシャルセクターとの対話と協働』からの転載となります。)

 

 

 

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る