アジア財団:女性のエンパワメントプログラム

アジア財団ではWomen’s Empowerment and Gender Equalityを活動の1つの柱としており、アジア各地で以下4つの分野でその活動を推進しています。

 

女性の経済的な機会の拡大

私たちは女性の収入を高められるよう、働き手としての女性の多くが必要としている起業支援、知識やスキルアップ、奨学金支援などを実施しています。また、女性起業家が直面する課題に対して、ネットワーキング、メンタリング、情報へのアクセス、ビジネスマネジメントのトレーニング等の機会も提供しています。

 

女性の権利保障と安全

私たちは女性や女児の権利を守るために個人や市民社会団体、政府など様々なステークホルダーと活動を共にしながら、性別に基づいた暴力および女性や女児の搾取を助長するような社会規範の変更を促す活動や、女性や女児の権利保障を強化する法規制、社会サービスを拡充する活動を行っています。私たちは国境を超えた人身売買をなくすための活動を10以上の国で行っていることで知られています。

 

女性の政治参画促進

私たちは政府や市民社会団体と共に女性の政治参画を促進するプロジェクトを行っています。有権者としての権利行使、政党への参加、議員への立候補などがこれに含まれます。また、女性の権利を支援すると同時に差別的な法律や制度をなくすための法整備も行っています。

 

ジェンダー平等

私たちはジェンダー平等の重要性を認識し、女性の参画に対する国際的な公約に基づいて様々なプログラムの設計、実施、評価においてジェンダー平等の視点を取り入れています。

 

アジア財団日本事務所ではアジア諸国におけるこれらの活動を支援し、日本からの参加を推進しています。ご興味のある方は、メールアドレス「tafjapan★csonj.org」(★を@に変えてください)にご連絡ください。また、プログラム内容に関するより詳しい情報はこちら(英語)をご覧ください。

ページ上部へ戻る